存在

スポンサーリンク
宗教哲学

神の存在について(9)道徳の根源としての神

前回記事「神の存在について(8)目的論的論証の拡張版」では、この宇宙に数学的構造・論理的構造が認められることから神の存在を主張する議論などをご紹介しました。 今回もまた違ったタイプの「神の存在論証」を取り上げたいと思います。 ...
宗教哲学

神の存在について(5)目的論的論証と進化論

前回記事「神の存在について(4)宇宙論的論証―後編」では、神の存在論証の1つである「宇宙論的論証」にまつわる諸問題を論じました。 ここ数回の記事で神の存在論証のうち「存在論的論証」と「宇宙論的論証」についてご説明したことになり...
宗教哲学

神の存在について(4)宇宙論的論証ー後編

前回記事「神の存在について(3)宇宙論的論証―前編」では、神の存在論証の1つである「宇宙論的論証」の内容についてご紹介しました。 今回はこの宇宙論的論証に対する反論や問題点を取り上げてみたいと思います。 宇宙論的論証の内...
宗教哲学

神の存在について(3)宇宙論的論証ー前編

前回記事「神の存在について(2)存在論的論証」では、「神」という言葉の定義から出発して神の存在を導き出す「存在論的論証」をご紹介しました。 今回はそれとは異なる神の存在論証を見ることにします。 宇宙論的論証とは     ...
宗教哲学

神の存在について(2)存在論的論証とは

今回のシリーズ記事では「神の存在」についての議論を扱っています。 これは西洋の神学・哲学で発展した分野なので、基本的にはそこで出てきた議論を紹介していこうと思います。 しかし西洋の議論には「多神教」についての考察が欠けているので、前...
宗教哲学

神の存在について(1)多神教を論じる

今回から「神の存在」について考えていきたいと思います。 日本では「神」を論理的・哲学的に論じようとすると、よく「学問的ではない」「科学的ではない」「私的な問題だから公に議論すべきものではない」などと言われます。 僕はこういう学問...
思想の解説

ハイデガー(4)存在と神

前回記事「ハイデガー(3)死を分析する」では、死を覚悟して未来へ駆ける「先駆的決意性」こそが人間の本来あるべき姿であるという話をしました。 死を覚悟して未来へ駆ける……。 なるほど。深い哲学ですなぁ。 でも、あれ? ハイデ...
思想の解説

ハイデガー(3)死を分析する

前回記事「ハイデガー(2)現存在(人間)と世界」では、人間が身の回りに「意味」「目的」「価値」に満ちた世界を築き上げていくという話をしました。 今回はさらに踏み込んで、ハイデガーが考える「人間の本来的なあり方」について紹介して...
思想の解説

ハイデガー(2)現存在(人間)と世界

前回記事「ハイデガー(1)『存在』を哲学する」では、ハイデガーが「存在の意味」を探究したことをご紹介しました。 なぜ(無が支配しているのではなく)何かが存在しているのか。ハイデガーはこれを探究しようとしました。 これは「ビッ...
思想の解説

ハイデガー(1)「存在」を哲学する

今回からドイツの哲学者ハイデガー(Martin Heidegger / 1889-1976)を紹介していきます。しばしば「20世紀最大の哲学者」とも呼ばれる人物です。 非常に奥深い思想を生んだ一方、「ナチスに協力した哲学者」という汚名...
スポンサーリンク